■考察■ – 肛門 –

先日 脱肛 して大騒ぎをさせてくれた泰蔵。
先生は1〜2日くらいで引っ込みます...とおっしゃったんですが、今現在もう○こをすると飛び出てきます。
赤みは大分ひいたんですけどね...

思うに、今でこそフェレットの数も増えて、ファームもいろんなところから日本にやってくるようになりました。
でも、泰蔵が生まれたのはもう6年以上前。
やっぱりその頃って仔フェレの肛門の形も様々だったような記憶があります。

ってことで、今日は肛門について考えてみよう!

こまるもかさん が(!)『ごはんモリモリ食べれます』って言ってたし〜〜〜♪

hekotayu家では、印象に残る(?)コメントを残してくださった方には 名指し という栄誉(?)が待っています(笑)

1代目の平蔵はさすが(?)マーシャルだけあってきれいな肛門をしていました。
キュッ!と一文字に締まったような...(^▽^;)
写真もあるんですが、当時はデジカメではなくバカチョンカメラで撮っていたので、ちょっとスキャナーを引っぱり出すのも...ってことで、今回は写真ナシ(^^)

そして康平。(ネザーランドフェレット)

20060412_02
この子はタマタマの除去をしただけで臭腺が残っています。
どちらかというと横一文字と言うよりは、巾着の口をギュッと絞ったような形。
う○この大きさも普通です。

20060412_03
寝てるところを起こして写真を撮ったのでご機嫌ナナメ...

それから問題の泰蔵。(パスっ子)

20060412_04

ほらね、ちょっと飛び出てるでしょ?
この子の肛門は仔フェレの時から少し大きめ。
他の子に比べると少し飛び出していたような傾向もありました。
う○こもデカイしね...
脱肛しやすい子...っているのかもって思います。

20060412_05

最近はおしりを見られると必ず 『フキフキ』 と 『お薬』 が待っているので、肛門をのぞかれるといや〜な顔をします(-_-;)

それからユキ。(パスっ子)

20060412_06

現在4歳を過ぎたところ。
この頃になると手術の処置とかも上手になってきてるんでしょうかね〜(^^)
かわゆい肛門をしています。

20060412_07

ちょっと!!顔、写さないでよっ!!(▼▼)

はいはい...女の子だモンね〜(>_< ) 最後に平太郎。(パスっ子)

20060412_08

きれいなモンです(^^)
やっぱり時代とともに手術の腕を上げてるな〜って思います。

20060412_09

1歳越えて、鼻っつらが大分伸びてきました。
すっかりオトナの男かな〜っ(^▽^;)

昨日は2週間ぶりにHulaのレッスンに行ってきました。
なんで2週間もあいたかって言うと、先週は曜日をまちがえちゃったんです〜(T_T)
2週間ぶりのレッスンはさすがにキツくて、家に帰ってやることだけ済ませてとっとと寝てしまいました。

最後にオマケの写真(^^)

20060412_01

向かって右が 『いかチョコ』
(読めるっ...て?...笑)
スルメとチョコの組み合わせらしいです。
まだたべる勇気はないんだけど...

そして左は四国のおみやげのマーブルチョコ
瀬戸内限定でみかん味です。
こっちは結構イケましたよ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください